【Amazonせどり】大口出品と小口出品の違いとは

大口出品と小口出品の違いとは

Amazonの出品用アカウントには、大口と小口の2種類があります。
せどりで月に10万円以上を稼ごうと思ったら、大口出品がベストだ、
というのは、「アカウントを作ってせどりの1歩を踏み出す」でお伝えしたとおりです。

なので、小口出品ってなに?大口と小口の違いってなに?など気になった方は、
この記事をお読みください。

大きな違いは、毎月Amazonにとられる手数料

違いは、細かいことをいうと色々ありますが、出品者にとってダイレクトに関わるのは
毎月の手数料が違うことにあります。
どう違うのかというと
●小口出品⇒ 販売手数料は一見すると0円だが、1個売れるごとに100円がとられる
●大口出品⇒ 月額4900円がかかるが月に何個売れても小口でとられる100円は払わなくていい

つまり1ヶ月に49個の商品を売った場合、
小口だと49個×100円=4900円かかります。
これって、大口出品の手数料と同じですよね。
ですからAmazonで1ヶ月49個以上の商品を売ろうと思うなら大口出品にした方がいい
です。
大口は49個以上なら何個売っても4900円、100個売っても4900円ですが
小口は49個以上も個数分かかるので、100個×100円=1万円と割高です。

1ヶ月に49個以上も売れるかしら?

せどりをしたことがないと、1ヶ月に何個の商品を売るかなんて想像つきませんよね?
私の例でいいますと、年末商戦の最も多い時期で1ヶ月に500個ぐらい売ります。
繁忙期じゃない時でも200個前後は売っています。

まあ、私の事例だけ言われても「落合だからでしょ」と思うかもなので、
具体的な事例で考えてみましょう。
月に10万円の利益を稼ごうと思ったら、売上的には30~40万円です。
ここでは1ヶ月の売上が40万円だった時のことを考えてみましょう。
1ヶ月に40万円の売上というのは、1000円の商品だったら400個売る、
1万円の商品だったら40個売ることになります。

ですが、せどりを始めたばかりの頃も順調に稼げるようになってからも、
1つの商品の売値というのは、1000円~5000円ぐらいのものをオススメしています。
※その理由は「なぜ、商品の売値は高くない方がいいのか?」の記事をお読みください。

1ヶ月で10万円稼ごうと思ったら40万円の売上が必要で、
1000円の商品なら400個 売らないといけないし、
5000円の商品なら80個 売らないといけません。
つまり、あなたが稼ぎたい金額が月に10万円以上であるなら、
現実的には、商品を売る個数は50個はふつうに超えるんです。

■次の記事 まずは、なにを売ればいいの?
■前の記事 アカウントを作ってせどりの第一歩を踏み出そう

せどりツール"

緊急!コロナ不況を乗り切る

コロナ不況の乗り切り方"
モノレート終了の対策"

固定ページ

記事のカテゴリー

  1. minto

    キーワード&リサーチ

    【リサーチ】「ラッキー!稼げた」の後に必ずやっておくこと!
  2. hontonihosii

    ■新型コロナ対策

    冷静に!「本当に必要な人に行き渡らない」は商品によりけり
  3. rose-pink-handmade

    キーワード&リサーチ

    【リサーチ】「書くだけ」「焼くだけ」という驚きの付加価値
  4. saikoro

    お悩み相談室

    令和になっても、なぜ「せどり」を教えるのか?
  5. corona-mask-tenbai

    お悩み相談室

    【コロナウイルス】今マスクが買える!貴重な2箇所
PAGE TOP
error: Content is protected !!