【せどり準備・知識編】

不自然すぎる「楽しまなくちゃいけない病」をやめた

 

 

■なにをするにも楽しまなくちゃいけないの?

私の考え方の癖のひとつに、

「何かするなら楽しみながらやれたほうがいい」というのがありました。

せっかく同じことするなら、イヤイヤやるよりは、
楽しめたほうが疲れ方もちがうのではないか、という気持があったからです。

 

ですが、最近の自分を見ていると

「何事も楽しめなくちゃいけない」「楽しめてやれてない自分はダメなんだ」
みたいなことを思うようになっていました。

 

だから、無理してでも「自分は楽しんでいるのである」的な、
どこか、こじつけのような、なんだか不自然で、心から楽しめなかったんです。

 

■やることをやる、ただそれだけ

で、冷静になって思ったんですが、別に楽しめてなくても
やることをやっていれば、それはそれでいいんだ ということです。

 

特にせどりなんてルーチンワークがほとんどです。

新しい発見とかびっくりする驚きとか、

そんな非日常的なことなんてそうそう起こらないですよね?

 

淡々とやる中で、ふと気づけば、

売上の平均が底上げされていたり、

リサーチが早くなっていたり、
商品の知識が格段に増えていたり、

成長をじわ~っと感じることのほうが多いのではないでしょうか?

 

そして、振り返ったときに、
「あの時はよくがんばったなー」とか、「あの時は悔しかったなー」など
いろいろ思い出しながら、

全部ひっくるめて「まあ楽しめてるんじゃない?」

と思えれば、それはそれで素敵なことだと考えるようになりました。

 

■毎回毎回 ドキドキ・ワクワクするわけがない

せどりにしても、家事や育児にしても、地味なことが本当にたくさん、

めんどうなことも本当にたくさんあります。

 

でも、自分が「こうなりたい」像があって、そこに向かうためには
イヤでもこなさなくちゃいけないこともあります。

 

「何事も楽しまなくちゃ病」になっていた時は
地味ーな作業やめんどうなことを避けて通りがちになっていましたが、

避けて通りたいことを淡々とこなした先に、必ず得られるものや、得られる力があります。

 

だから、別に、毎度毎度、ワクワク・ドキドキしなくたっていいんですよね^^;

淡々とやるべきことをやるのだって、とても大事なことなんだと、

こんな当たり前のことですが、腑に落ちてからは、

以前よりも仕事に注ぐエネルギーが増えたような気がします。

 

自分が違和感を感じるような場合は、なにかしら無理がある可能性があるので、

「本当にそれって必要なの?」という自問自答をしながら、
今後も、ちょこちょこ軌道修正していこうと思います。

 

 

 

管理人:落合麻子

イチオシのせどりツール

せどりメルマガを読む

落合麻子・公式せどりメルマガ"

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP
error: Content is protected !!