■コロナ不況対策

冷静に!「本当に必要な人に行き渡らない」は商品によりけり

転売批判あるある「本当に必要な人に行き渡らない」

マスク転売が猛烈に批判されていた時に最も多かった批判は
「本当に欲しい人が買えないのは転売ヤーはのせい!」でした。
ですが、この批判はマスク転売だけではありません。

妖怪ウォッチが大ブームだったときも
ニンテンドーSWITCHが発売当初から品薄だったときもそうでした。
当事者だったら、こういう批判をしたくなる気持ちはわかります。

でも、こういった批判というのはたいがいが感情的な意見が大半をしめ
特に娯楽商品においては、この手の批判はあまり説得力がないのも事実です。

それ、本当に必要なの?


imag

例えばゲーム機。今はニンテンドーのSWITCH本体が
中国での生産が遅れに遅れ、日本でもかなり品薄です。
当然品薄になれば値上がりし、この記事を書いている時点で
新品の価格が約45000円。定価より1万円以上も高いです。
実際、函館でも家電量販店やゲオなどでも全くみかけないぐらい
レアなゲーム機となっています。

ここで、私が

「うちの子がSWITCH欲しいって言ってるの!
一斉休校でどこにも外出できなくてかわいそうな子どもなの!
なのに定価で買えないってどういうこと?
どうして本当に必要な子どもがいるのに定価で買えないの?
定価より高く売ってる転売ヤローは鬼畜だわ!ギャーギャー!」

と声高に叫んだとしたら、どう思いますか?
まともな人だったら「そんなの知らんがな・・・」ではないでしょうか?
もしかしたら、同じ年齢の子がいて、同じような境遇の人からは
ちょっと共感されるかもしれませんが、、、

別にゲームできなくても死ぬわけじゃなし、
ゲームやってるヒマあるなら学生なんだし勉強したらどう?
定価で買いたいなら、自力で売ってるお店探したらどう?
あれば嬉しいかもだけど、なくても生活に困らないでしょ?

と言われそうな気がしますね^^;

定価で欲しいなら努力、すぐ欲しいならお金

どうしても定価でほしい、定価より高いお金は出したくない!というなら
あらゆるお店に電話かけまくって入荷日きいておくとか
入荷数が少なくて先着順なら朝早くから店に並ぶとか。
それなりに努力する必要がありますし、
品薄だったらそういう努力をしても手に入らない場合も多いでしょう。
あとは、この騒動が落ち着くまで我慢してください、って話です。

どうしても今すぐ欲しいのだったら、
定価より高くてもお金出して買ったらいいと思います。
批判したところで、安く売ってくれる人がいればいいですが、
たいがいはそうならないのが、現実ですから。

マスクは「本当に必要な人」がいた

一方で、今回の騒動になった「マスク」。
これは、「別にあってもなくてもいい」ものではないことになりました。

マスクが品薄になってギャーギャー騒ぐ人が多くなったら
テレビやニュースで「マスクの効果は限定的」だの
「意味がない」だの、子どもはむしろ危険だの、いろいろ言われました。
ですが、今世界中にコロナパニックが広がった状況で「マスク意味ない」
ってことは、まずないでしょう。
効果のほどはどうであれ、感染をどうにかして防ぐ手立てとして
絶対にマスクは必要なことは明白です。
実際あちこちでマスクをめぐる盗難や暴動、ストライキが起こるほど、
マスク戦争はシャレにならなくなっています。
mask-sensou

特に医療従事者や介護施設など人命に関わる職場では
マスクをしないとか、ありえない状況になっていますよね。
こういうときこそが「本当に必要な人に行き渡らない」の批判が
的を得ていると思います。
だからこそ、妖怪ウォッチでもSWITCHでも動かなかった政府が
マスクだけはに法律で規制せざる得ないぐらいの特殊な需要が発生している
と考えることができます。

なんでもかんでも転売批判してる人の意見は冷静に

転売批判は、やりやすいですいよね。
批判する側としては、絶対的に正義になれるから。
特に今回のマスクのような特殊なケースはなおさらで、
いろいろリスクがありすぎてせどりの案件ではありません。

ただし、転売批判はマスクに限らず常にあります。
そして、「転売ヤーしねばいい」「転売ヤー死亡」といった
過激なツイートをしている人もたくさんいます。
ですが、法に触れない限り、あとはamazonやメルカリの規定に触れない限り、
そういう批判は聞き流してOKです。

じゃあ、批判しているあなたは、
あなたのいうとおりに転売をやめて食べれなくなったら
助けてくれるのか?といったら、絶対にそんなことないですよね。

転売ヤーが食べていけなくなったら「ざまあみろ」とは言われるかもですが
かわいそうとか、助けてあげるとかは絶対ないわけです。
みんな無責任に感情任せで批判しているだけなので、
そこに感化される必要は全くありません。

というわけで、「本当に必要な人に行き渡らない」は
至極まっとうな意見のようにみえて、そうでないときも往々にしてあります。
だからこそ、冷静に構えて、あまり翻弄されないようご注意ください。

コロナ不況対策の特集記事は、他にもありますので、
ぜひ読んでみてください!
■特集記事1
なぜコロナ不況でもせどりはヘッチャラなのか?

■特集記事2
コロナ不況でもせどりが強い2つの理由

■特集記事3
コロナ自粛モードなのに伸びているジャンル

■特集記事4
コロナ緊急事態で売上UPの商品とは

■特集記事5
マスク転売禁止で転売は終了した、はまちがい

■特集記事6
冷静に!「本当に必要な人に行き渡らない」は商品によりけり

ピックアップ記事

  1. せどり経費とプライベート経費の割合はどう計上するべき?
  2. 【出品の工夫】おまけなし&高いのに売れていく理由
  3. コロナ自粛モードなのに伸びているジャンル
  4. あえてテクニカルサポートに電話するメリット
  5. カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由

緊急!コロナ不況を乗り切る

コロナ不況の乗り切り方"

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

固定ページ

教材&ツール

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・メルマガ登録"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
  1. uo11

    配送料・梱包・出品

    【朗報】ヤフオクの商品タイトルが大幅増加!
  2. gihuto

    年末商戦

    【年末商戦2016】特別企画の全貌をいよいよ公開します!
  3. saikoro

    お悩み相談室

    令和になっても、なぜ「せどり」を教えるのか?
  4. aikon

    年末商戦

    【年末商戦】あと数時間でトイザラスブラックフライデー
  5. riaru

    お悩み相談室

    せどりは「2月と8月は売れない」なんて、誰が言った?
PAGE TOP
error: Content is protected !!