キーワード&リサーチ

カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由

amazonに登録すればいいというものではない、カタログ作成の奥深さ

今日はやっとスターバックスのさくらグッズをほとんどFBA納品したところです。
商品登録をしながら思うのは、
今回のさくらグッズ、商品タイトルがやたらとゴチャゴチャしてるなあと。

notee例えば、スタバさくらの第一弾には
ノートが2種類あり、ピンクの落ち着いたデザインの方が人気があります。
スターバックス公式サイトによると、
その商品タイトルは
「SAKURA2019ジャーナルブックNakameguro」
これも、公式とはいえ読みづらいですよね。
なんでこんなスペースもなくギッチリと文字が詰まっているのか。

ですが、Amazonの方はもっとひどくて、例えばタンブラーだと、
「STARBUCKS スターバックス スタバ タンブラー 食器 ロゴ サクラ 桜 さくら 花びら 花弁 スプリングギフト SAKURA2019 ステンレス ToGo ロゴ タンブラー ブロッサム 355ml パール加工 水筒 真空二重構造 保温 保冷 桃 ピンク 春 」
商品画像がなければ、この商品タイトルは一体なんなのかさっぱりわからないです。
taitoru
このわかりづらいスタバさくらグッズは他にもあるので、
おそらく同じ出品者が検索キーワードを商品タイトルに散りばめた
と思うんですけどいかんせん、わかりづらい!

なので今日
テクサポにジャーナルブックの商品タイトルを修正依頼をしたんです。
スタバ公式の商品タイトルを伝えた上で、
でもスタバの商品タイトルだとスペースとかなくてお客さんが検索しづらいので、
例えば「スターバックス 2019 ジャーナルブック Nakameguro 中目黒 SAKURA さくら ノート」
はどうでしょうか?と。

結果として、商品タイトルは修正されたんですが、
どうなったかというと、公式サイトの商品タイトルそのままです。
notote

お客さん目線ならもっと見やすいタイトルで

規約上は、商品名は正式なものを入れないとダメで、
それ以外は規約違反に該当するとのことで確かにそれはその通りだと思うので、
もう、何も言えることもないんですが。。。

「スタバのさくらノートってAmazonにあるのかな?」と思った人が、果たしていきなり
「SAKURA2019ジャーナルブックNakameguro」で
検索するかっていうと、それはないでしょうね^^;
商品登録するたびに、ゴチャーっとした商品タイトルにうんざりし、
こんなストレスフルな商品タイトルで悶々するなら、
多少めんどうでも新規カタログを自分でやってしまう方がいいなと感じました。

理想をいえば2018年バージョンの
スタバさくらのジャーナルブック、この商品タイトルがわかりやすいです!
mihon2018
(私がつけたわけではありません)

月曜日からは、スタバさくらの第二弾が始まります。
第一弾と違って、デザインが明るめ鮮やかな感じなので、
せどり的にはちょっと微妙な感じもしますが、
ステンレスのタンブラーである
「SAKURA2019ステンレスクリエイトユアタンブラーグロス473ml」
などは、大人っぽくていいかなと思ってます。
この商品タイトルもカタカナの羅列で読むのが苦しい~(笑)

スタバさくらは当日参戦でも全然間に合うので、
気になる方は公式ページもチェックしておきましょう!
https://www.starbucks.co.jp/

ピックアップ記事

  1. カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由
  2. 【送料】え?ヤマト便で160サイズ以下の荷物は送れません!?
  3. せどり経費とプライベート経費の割合はどう計上するべき?
  4. ※最新※ Amazonテクニカルサポートの使い方
  5. 【出品の工夫】おまけなし&高いのに売れていく理由

管理人:落合麻子

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ

教材&ツール

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・メルマガ登録"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
  1. ytui

    年末商戦

    【年末商戦2016】 こういう人は参加しないでください!
  2. 2017pikutya

    ■教材,ツール,企画

    【せどり教材】本日いっぱいで先着特典を完全終了します!
  3. syougi

    仕入れ

    藤井聡太棋士ブームで日本将棋連盟にクレーム殺到
  4. sora

    ■せどり

    「舐めてんのかっ!このババア」と言われても・・・
  5. kumo

    ■情報発信で稼ぐ

    【Amazonキャンペーン】ネットビジネス系で「ギャップ萌え!!」を初体験
PAGE TOP
error: Content is protected !!