キーワード&リサーチ

せどらーが見落としがちなAmazonの重要ポイント

今日は、せどり視点で考えない人が多いけど
実はすごく大事なAmazon機能をお伝えします。

Amazonはグーグルだ!

2019年はAmazon自身が広告媒体としてのし上がり、 Google、FBとAmazonの3強になるといわれてます。

2019年はAmazon自身が広告媒体としてのし上がり、
Google、FBとAmazonの3強になるといわれてます。

大事なAmazon機能はなにかというと、
便利なボタンがついたとか、そういうレベルの話しではなく、
Amazonの「検索サイト」としての役割です。
検索サイトとして有名なのは言うまでもなくグーグルです。

「ググる=検索する」という言葉があるほど、グーグルに馴染んでいる人がほとんど。
そして、このグーグルに広告料を支払いまくっているのがAmazonなんです。

商品名をぐぐると、
たいがいのものはAmazonのものが検索上位にきますよね?
これはAmazonがGoogleに広告料を支払いまくっているおかげです。

これがせどりとどう関係あるかというと、
個人経営のお店の商品なんかでも、
それをAmazonに登録すると
グーグルで上位表示されるようになるのは、Amazon商品の方だということです。

例えば3月上旬に満天の青空レストランで「たまり醤油」が紹介されました。
これは「南蔵商店」というお店が作っている醤油で
南蔵商店は直販サイトも持っています。

でも今、グーグルで商品名の「わらべうた たまり醤油」で検索すると
トップ表示されるのはAmazonの「わらべうた たまり醤油」商品ページなんです。
しかも2番目も!
amazonkensaku

では、南蔵商店のサイトは何番目かと言うと
個人ブログが3位にきていてその次、4位で表示されています。

Googleで見つけてAmazonで買う!が定番に

こういう事態がいろいろな商品で起きています。

●Amazonが在庫を持たない商品

●メーカーがそこまでグーグル広告に力を入れていない商品

●大手メーカー商品であっても期間限定、数量限定などのため
広告費をそこまで投入していない商品

●アフィリエイターが狙わないキーワード

こういう商品は、
自分でAmazonに新規カタログ登録するだけで上位表示されやすく
この検索順を、せどりにもうまく利用すると、売れやすくなります。

なぜなら、ネットで買い物する多くの人は、
アカウントを持ってない個人商店で買うより すでにアカウントを持っていて
見慣れている、買い慣れているAmazonで買いたい。
しかも、グーグル検索したときに、
上位2,3位までは見るけど、それより下は見ないからです。

全員が全員そうではないですが、圧倒的に多いのがこのパターンなので、
ここにせどりのつけ入る隙があります。

この、たまり醤油せどり。
テレビで話題になっていた頃は定価の2~4倍でドシドシ売れていました♪
検索を意識した事例は、たまり醤油以外もあるのですが、
それは長くなるのでまた次回紹介しますね!

ピックアップ記事

  1. ※最新※ Amazonテクニカルサポートの使い方
  2. 【送料】え?ヤマト便で160サイズ以下の荷物は送れません!?
  3. カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由
  4. せどり経費とプライベート経費の割合はどう計上するべき?
  5. 【出品の工夫】おまけなし&高いのに売れていく理由

緊急!コロナ不況を乗り切る

コロナ不況の乗り切り方"

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

固定ページ

せどりツール"
せどりツール"
  1. rose-pink-handmade

    キーワード&リサーチ

    【リサーチ】「書くだけ」「焼くだけ」という驚きの付加価値
  2. hana

    キーワード&リサーチ

    花束に30億円!SMAPファンがあのCDを買いまくる
  3. riaru

    お悩み相談室

    せどりは「2月と8月は売れない」なんて、誰が言った?
  4. syokuhin

    ■せどり

    Amazonの出品許可申請を楽にやる方法
  5. kureka

    キーワード&リサーチ

    レターパックをクレジットカードで買ってポイントを貯めよう!
PAGE TOP
error: Content is protected !!