お悩み相談室

あやうく過労死するところでした

今日はこどもの日。
おかげさまで子どもはすくすく育ち
小学3年と5年になりました。

せどりを始めたきっかけは、
「子どもと一緒にいたい」
「子どもが病気の時は誰の気兼ねなく看病したい」

という強い気持があったからです。

そして、そんな強い気持ちになったきっかけは、
教育実習中の先生方の激務っぷりでした。

その当時、離婚して無職だった私は
教員なら社会的信用もあるし、
給料も安定しているし、という理由から教員になろうと思い、
通信大学で教員免許をとってる最中でした。

母校の中学校で教育実習を受けていたのですが
そこの先生たちの働きぶりをみて、
「こんなに忙しい生活はムリ」と感じました。

朝7時に出勤して夜9時まで勤務(遅い人は深夜まで)
土日も部活指導や残った仕事などで出勤。休み、全然ないです。

全校生徒が200人ぐらいの小規模校ということもあり、
雑務のすべてを先生方で割り振って
一人の先生の負担が多すぎ。

こんな激務な仕事をこなしながら、
私1人で育児とか、絶対続かないな~と思って教員になるのはやめました。

免許取得にかかったお金が200万円+2年もかかったので、
正直、やめるのにも迷いはありましたが、、、
最近になって
「中学校教員の8割が、過労死ラインの「月100時間超の残業」」
というニュースをみるにつけ
「あの時、教員を選んでなくてよかった」とつくづく思います。
過労死しないにしても、体を壊したら本当に悲惨ですから。

過労死問題は、なにも教員だけじゃなく
電通をはじめヤマト運輸などいろいろ出てます。
本気でやりたい仕事なら、死ぬまでやっても本望かもしれませんが、
生活費を稼ぐための仕事で死ぬとなると
本人はもちろん、家族や友達だって本望ではないはず。

このメルマガを読んでいるあなたは、すでに
「せどり」というお金を稼ぐスキルを身につけています。
その時点で過労死という選択はまずしない、
それだけでも心の安心感って全然ちがいますよね。

せどりを当たり前にやっていると
そのありがたみが薄れてきたりもしますが、
そういう意味では、命の安全を保障してもらってるという一面もあります。

今さらかもしれませんが、
せどりを知ってて稼げることのありたがみを再確認しつつ、
もしせどりを知らないで過労死寸前とか過労死予備軍の人がいたら
ぜひ知らせてあげてくださいね!

ライバルが増えるとか、飽和するとか、
そんなセコセコしたことは置いといて。
せどりでも人助けできることがありますので。

管理人:落合麻子

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

固定ページ

投稿記事 一覧

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・メルマガ登録"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
  1. kureka

    キーワード&リサーチ

    レターパックをクレジットカードで買ってポイントを貯めよう!
  2. owari

    ■教材,ツール,企画

    【重要】まもなくコンサル3期募集を終わります
  3. 3kikonsarunakami

    ■教材,ツール,企画

    年末商戦ドンピシャ!コンサル3期の詳細発表です!
  4. sl

    仕入れ

    ヤフオクの予約転売で定価の4倍!お化けチケット?
  5. jtiensya

    お悩み相談室

    月商300万超えよりもうれしかったこと
PAGE TOP
error: Content is protected !!