【子育て・介護・旅の記事】

うちの子が不登校に!でもせどりネタはゲット

北海道の夏休みは短めで、8月21日から2学期が始まりました。
ですが、長男が2学期から不登校になりまして、2学期が始まって3週間、
今は家で私が勉強を教えてます。

不登校の原因はハッキリしていて、長男が担任の先生と合わず・・・

「担任が変わらない限り学校へは行かない」と
子どもながらに頑として決めていまして、
学校の制度上、担任を変えたり、違うクラスになったりできないため、
今は不登校、という道を選ぶにいたります。

私自身、不登校の経験はなく、
長男の不登校に際して知らないことが多く、
アレコレと調べ、不登校を学ぶいいきっかけになりました。
ネット検索しただけですけど、団体や組織によって
「何が何でも学校に戻したい派」と「学校だけがすべてじゃない派」みたいな
両方の主張があることもわかり、
「不登校ビジネス」として盛り上がってるジャンルでもあり、
それはそれでおもしろうそうだなと思いながらリサーチしてました。

9月1日直前には自殺防止のために「学校以外にも居場所はあるよ」
というニュースが大々的に流れていたこともあり、
私としては、このタイミングでの長男の不登校、
ちょっと流行りに乗ったかな、という気持です(笑)

不登校になったから長男の人生が終わり、とは全く思わないし、
学校が悪い!とかもなく。

担任の先生が原因ではあるんですが、
担任の先生も指導方針があってのことですし、
単に長男がそれに合わないというだけの話で、
だからといって、全身全霊で嫌がる長男に、
我慢して先生に無理やり合わせなさい、という気にもなれず。

でも、学校側としては不登校の子を放置するわけにいかないそうで、
教頭先生が保健室登校や1時間だけの登校など、
いろいろ提案してくれてもいます。
学校の先生もかなり多忙なのもわかるので、
時間を割かせて申し訳ないなという気持もありつつ、

今のこの時代、子どもが何かを学ぶ場は
もっといろいろあっていいし、
それが当たり前のものとして受け入れられるといいのにな、と思います。

ということで、夏休みが終わって「やっと一人で仕事できるー!」
と思ったのも束の間、永遠の夏休みになってしまった我が家です^^;

2日に1回ペースで苦手な算数をみっちり教えてるので、
どうしてもせどり時間が減ってしまいますが、
春先の父の介護の時にやっていた「手抜きせどり」を
今また再開して、売上はキープしています。

この「手抜きせどり」は、近いうちに教材としてリリースするつもりでいまして、
今の私みたいに、家事、育児、介護とか、不登校児の勉強をみたりとか、
いろいろワケアリでせどり時間が確保できない方でも
絶望することなく、せどりを続けられるやり方です。

今、手抜きせどりのノウハウを鋭意製作中なので、
出来上がり次第、こちらのメールでご案内しますね^^

せっかくなので、最後に不登校関連のせどりネタを。
不登校に関しては本もいろいろ読み漁ったのですが、
この本、いい感じにプレ値化していました。
定価1500円ほどの書籍で
「バカをつくる学校」という過激なタイトルですが、
2万円近くでも売れています。
[link]http://mnrate.com/item/aid/4880862037

さすがに回転はあまりよくないですけど、
中古でも新品でも見つけたら即ゲットですね。

今年は父の介護に続き、子どもの不登校と、
いろいろ家族の変化が大きい年になりましたが、
でも、ネットで情報をいろいろ探せるおかげと、
せどりという自由が利く仕事のおかげで、難なく乗り切れています。
ほんと、せどりサマサマです♪

管理人:落合麻子

せどりはじめの1歩

せどりにつまずいたら

リサーチ名人になるには

せどりで稼ぐには

身になる教材は

投稿記事 一覧

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・公式せどりメルマガ"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
PAGE TOP
error: Content is protected !!