【子育て・介護・旅の記事】

ソフトクリームをどの店で食べるか?

今日、誕生日を迎えました。
もう、30代も後半になったら、自分の年がわからなくなりますね^^;
30歳で次男を産んだので、次男の年齢に30足して自分の年齢がわかる、
というアリサマです。

ただ、ありがたいことに、年齢を重ねるとともに「幸せ感じる度」は、
すごい上がったなーと思います。

ふだん、子どもと川の字で寝てるんですが、
朝、目が覚めて「今日も、わたし、元気だわ」と思い、
隣に寝てる子どもの寝顔を見て、
それだけで、すごい幸せを感じるんですよ。

せどりしてる時も、
メルマガを書いているときも、
コンテンツを作っているときも、
「好きな仕事できるってしあわせ♪」って思えますし、
コンビニで、安いのに激ウマなスイーツに巡り合えたりすると、
「今の時代に生まれてよかった」なとしみじみ幸せに浸ってます。

といっても、悟りを開いたとか、なにかを超越したとか、
そんな高度な次元な人間になったわけではなく
「ちょっとムカつく」ことなんてしょっちゅうあります。

今日も、子どもと五稜郭公園に遊びに行き、
ソフトクリームをどの店で食べるかで揉め、
結局食べないで帰ってきた、というしょうもなさ(笑)
でも、3日もすればそんなこと覚えてないんですよ。

「忘れる力」が、年齢とともに発達してるようで
イヤなことはスパスパ忘れ、
覚えておきたい、いい記憶だけを残してるので、
振り返っても「やっぱり幸せだった」なと思える脳になってます。

人間関係も、つながりたい人とだけつながってストレスなし。
仕事もやりたいことだけやってストレスなし。
父の介護だったり、子どもの不登校だったり、
家族のことでは、なんやかんやあったんですが、
情報を集めて、やれることをやって、
あとは本人を見守るだけ、と腹を括ったら、
そこも、ストレスは大幅減です。

どうしても、家族とは距離が近いので、
ストレスがゼロってことはないのですが、
でも、家族がいるおかげで、自分の世界は確実に広がりましたし、
家族の問題のおかげで、同じ問題を抱える方の気持ちが
わかるようにもなれました。
なので、今の私にとってはどれも必要なことだったんだなと、思っています。

自分が今日も生きてる、
大事な家族が今日も生きてる、
したい仕事が今日もちゃんとある。
食べるものもある、住むところもある、
ネットのおかげでなんでも便利だし。

当たり前かもしれませんが、
当たり前が当たる前じゃなくなったときに
そのありがたみに気づくよりは、

今、その当たり前な「しあわせ」を、
自分が手にしてることをちゃんと自覚して、
その幸せを感じとれる人でいたいなと思います。

39歳からも「幸せアンテナ」全開でがんばりますので、
どうぞ、よろしくお願いします!

管理人:落合麻子

せどりはじめの1歩

せどりにつまずいたら

リサーチ名人になるには

せどりで稼ぐには

身になる教材は

投稿記事 一覧

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・公式せどりメルマガ"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
PAGE TOP
error: Content is protected !!