【せどり準備・知識編】

amazonアカウント停止?そこで腐ってる場合じゃない

購入アカからのヒモ付で出品アカ閉鎖

ここ最近、amazonの購入アカウントから紐付けられて
出品アカウントが閉鎖される方から相談を受けていました。

それも1人ではなく何人かいまして。
amazonで購入制限があるものを、
家族のアカウントとか使ったりして購入したケースでも
出品アカウントが閉鎖された方もいます。

せどりを始めたばかりの方もいれば、
月商300万円とか、それ以上を稼ぐ方もいまして、

FBAの在庫が多い方ほど、FBAから戻ってくる在庫量がハンパなく、
もう、それだけでも心が折れそうになるのは
容易に想像できますよね。

しかも売上金までも凍結されるという恐ろしい仕打ちまであるわけですから、
「眠れない」
「ご飯食べられない」
「生きた心地がしない」
のも、ほんと、そうだと思います。

復活までの驚くべき変化とは

でも、相談した方たちは、そんなヒドイ状況で もがきながらも、

●新規アカウントを作る、
●カテゴリー申請をする、

という次のステップに進むべく、すぐに動いてました。

新規アカウント作成の場合は、
名前も住所も口座もPCも回線も変更したり、

カテゴリー申請の場合は、
amazonから指示されたとおりに申請して何度も審査落ちしても、
申請代行をお願いして通ったり。

早い人で2週間ほどで復活し、
新規アカウントでまた、ガツガツがんばってます。

相談を受けてると、

最初はもう「どうしよう!」「ヤバイ!」「しにそー!」
というのが痛いほど伝わってくるんですが、

でも、現状を受け入れて一つ一つクリアしていくにつれ
「いい勉強になった」
「次は同じ失敗しないよう慎重に」
「申請のコツがつかめてきた」
といった具体的で前向きな感じに変わっていく
というのがリアルタイムでわかります。

その変わりようには、大げさでなく感動します。

マインドが大事というのはダテじゃない

特に今回みたいに、自分の意に反したことが起きた時というのは

「なんで自分だけ?」「amazonひどい!」
という気持ちになるのは、人間だから当然と思います。

ただ、それをいつまでも引きずって
「次に進めない宙ぶらりん状態」 これが、やっぱりよろしくないです。

そこで腐ってる場合じゃないよ!と。

気持ち的にもせどり的にも死にそうだけど、実際、死ぬわけはないです。
ツライながらも、打てる手を打っていきながらやれることをやっていく。
それで、実際にどうにかなるものです。

腐りきってしまわないで、次に進んでいく、

そういうガッツこそが、せどりを続ける上ではもっとも大事です。

「せどりにマインドが必要です」なんて言われても
ピンとこないかもしれませんが、
大変なときこそやっぱりマインドの強さがモノを言いますね。

管理人:落合麻子

イチオシのせどりツール

せどりメルマガを読む

落合麻子・公式せどりメルマガ"

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP
error: Content is protected !!