お悩み相談室

【新品本せどり】10月5日はXデーか?アカ停止が続出ってほんと?

新品の本を定価より高く売るとアカウント剥奪?

先週からお伝えしていたAmazonの本における再販価格維持制度の流れ。
記事1:新品本がプレ値OKの謎、解けました
記事2:損切にも効果バツグンな新品での出品

これについて、最近のせどり無料レポートで、
「本で新品定価超えしてる人はアカウント停止になるかもー!」
的な内容が書いてあったようで、お問合わせをいただいてました。
同じような不安を抱えている方もいらっしゃるかもなので、
私は、この状況をありのままAmazonのテクニカルサポートに質問しました。

その回答が今日得られたので、こちらのメルマガとブログの両方でシェアしますね。

テクニカルサポートの正式回答はこれだ!

まず、結論からいうと、

●出版社が再販価格維持制度を適用しなければ定価以外で出品してもよい
●再販価格維持制度を適用している本に関して出品した場合
出品停止になるがアカウント停止ではない。

です。

システム障害と10月5日のことはさらっとかわされた感があるんですが、
それほど重要なことではないからではないかな、と思っています。
情報がいろいろ錯綜している時は、やっぱり大本のAmazonに聞くに限りますね!
といっても、もしかしたら、
テクニカルサポートの担当者それぞれで見解が違っていたり、
なんてことも万が一でもあるかもしれないですが。

ただ、テクニカルサポートの方からは、
「定価以外で出品していいかどうか迷った時はテクニカルサポートまで相談してね」
的なことも言ってくれてるので、もう、
これで一安心してもいいのではないかと思うんですが、どうでしょうか?

テクニカルサポートからの回答全文です

では、ここから下に、私が実際にした質問内容と、
Amazonのテクニカルサポートから得た回答を全文記載しますね。長文ですがおつき合いください。
————————————————————————————-
■質問内容
Amazonにおける新刊本の出品について教えていただきたくメールいたしました。
最近は新品雑誌や新刊本の一部で
コンディションが「新品」でも定価以下や定価以上で出品できることが増え、
一出品者としては購入者さんから見つけてもらいやすく売れやすくなったと実感しておりました。

ただ、この再販価格維持制度の適用外について、出品者同士の中で情報が錯綜しているようです。
1つは「再販価格維持制度が適用されないのは、出版社の意向なので、定価で出品しなくても問題ない」

というもので、もう1つが
「新品でも定価以外で出品できるのはAmazonのシステム障害によるもので
10月5日からは元通り、新品の場合は再販価格維持制度を適用し
定価での販売となる。これを守らないとアカウント停止になる」
といったものです。

どちらも、Amazonのテクニカルサポートから受けた助言ということで、
どちらが真実なのか、これらの情報だけではわからず
困惑している同業者が当店を含めて複数おります。
改めてテクニカルサポートのご意向をお聞かせいただけますでしょうか?

当店としては、先に「出版社の意向による」と聞いていたもので、
すでに新品で定価以上の出品をしております。
もし規約違反ということであればすぐに取り下げるつもりでおります。
決してAmazonの方針に背こうということではなく、
状況に応じてお客様が購入しやすい出品を心がけております。

お手数をおかけいたしますが、今後とも本の出品は増やしていくつもりでおりまして、
Amazonの再販価格維持制度に対する方針を具体的に教えていただけますよう
よろしくお願いいたします。
————————————————————————————-
質問ここまで.

次がテクサポからの回答です
————————————————————————————-
■Amazonのテクニカルサポートからの回答
お問い合わせいただいた、「再販価格維持制度」についてご案内致します。
■「再販価格維持制度が適用されないのは、出版社の意向なので、
定価で出品しなくても問題ない」について
販売する書籍や雑誌に再販価格維持制度を適用するかの判断は出版社がしております
適用されてない場合は、定価で出品されなくても問題ございません。

■「新品でも定価以外で出品できるのはAmazonのシステム障害によるもので
10月5日からは元通り、新品の場合は再販価格維持制度を適用し定価での販売となる。
これを守らないとアカウント停止になる」について

再販価格維持制度が適用されている書籍や雑誌の新刊商品はを定価以外で販売した場合、
システムで自動的に規約違反と判断され出品が停止されてしまいます。
※アカウント停止でございません。
また、出品を検討されている書籍や雑誌の新刊商がございましたら、
是非Amazonテクニカルサポートへお問い合わせください
こちらで再販価格維持制度が適用されるものかどうかお調べさせて頂きます。
補足にはなりますが、再販価格維持制度は「日本書籍出版協会」のHPに詳細情報がございます。
URL添付いたしましたので、ご入用がございましたらお使いください。
http://www.jbpa.or.jp/resale/

ご案内は以上になりますが、安心してご出品いただけるよう、
精一杯サポートさせていただきますので、ご不明な点がございましたらいつでもご連絡ください。
————————————————————————————-
ここまでとなります。

テクニカルサポート回答まとめ

対策としては、

●出品前にテクニカルサポートに問い合わせる
●面倒でテクニカルサポートに聞かないで出品した場合でも、
再販価格維持制度の適用があるものは自動的に出品停止になる。

文面を読む限りでも、そんなに緊急事態でヤバイ、
みたいな感じではないと私個人的にはそう思っています。
これでもまだ疑問が残る、という方は、
ご自身の言葉でテクニカルサポートに聞いてみるといいと思います。

Amazonはなにも出品者に不利益なことをしよう、というわけでもないですし、
こちらとしても購入者さんが買いやすい状態にしたい
(その方が高値でもあるし)というだけのことですし。
ということで、ひとまず10月5日がXデーになるようなことはない、と思いたいですね。
明日から10月、また心機一転、がんばっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ※最新※ Amazonテクニカルサポートの使い方
  2. 【送料】え?ヤマト便で160サイズ以下の荷物は送れません!?
  3. せどり経費とプライベート経費の割合はどう計上するべき?
  4. カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由
  5. あえてテクニカルサポートに電話するメリット

管理人:落合麻子

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

固定ページ

教材&ツール

せどりパーフェクトガイド

落合麻子・メルマガ登録"

せどりコアメソッド

楽々リピートせどりプログラム

デイせど
  1. hatohato

    キーワード&リサーチ

    【食品せどり】バレンタインデーとホワイトデーのせどり的な違いとは
  2. 2017pikutya

    ■教材,ツール,企画

    【せどり教材】本日いっぱいで先着特典を完全終了します!
  3. nenmatuotosiana

    年末商戦

    年末商戦で負け組が多発した恐怖のジャンルとは
  4. sora

    ■せどり

    「舐めてんのかっ!このババア」と言われても・・・
  5. refresh

    ■教材,ツール,企画

    しっかり災害グッズで利益を出してました!
PAGE TOP
error: Content is protected !!