仕入れ

せどり初心者が「ブックオフせどり」をやってはいけない3つの理由

せどりといえば「ブックオフ」と思いつく方はまだまだたくさんいます。
家電やゲーム、おもちゃせどりのノウハウが広まった今でさえ

「せどりの基本といえば「ブックオフ」でしょ」と考える人は少なくありません。

 

ブックオフはここ数年でせどり対策をしてきていて
インストアコードという店舗独自のコードを導入したり、
値付けが厳しくなった、という声も一部からは聞きます。

しかしながら、ブックオフで稼いでる人は
しっかりと数十万円単位で稼いでいるのも事実です。

 

ですが、私は初心者さんにはブックオフをおススメしません。

というのも、「オーソドックスなせどり」と見せかけて、

実は、とても難易度が高く初心者むきではないからです。

 

 

ブックオフが初心者さん向きではない 理由その1

→資金とスキルが必要

具体的にどう難易度が高いのか、といいますと、準備にお金と多少のスキルが必要だから、

というのが一つ。

 

もっと具体的にいうと、目利き力がない状態で
なおかつ「ビームせどり」ができなくてはお話にならない、ということ。
ブックオフせどりでしっかり利益を出している人は、
まちがいなくビームせどりを導入しています。

 

スマホの無料アプリでできないこともないですが、
スピードの観点からすれば圧倒的にビームが有利です。
単純に、短時間で多くの商品がリサーチできたほうが効率はいいに決まっていますよね?

そういうことです。

 

で、このビームせどりをするためには、
専用のバーコードリーダーが必要となります。
性能にもよりますが、人気機種のKDC200を例にとりますと新品で30000円以上、
中古でも2万円はする高価なシロモノです。

kdc
もちろん、これを購入しただけは稼げません。

使いこなし、仕入れをし、出品登録をして初めて利益を出すことができるのです。

人によってはビームせどりのノウハウや中古本や中古CD,DVDのノウハウを購入するかもしれません。

 

そうなると、もうそれだけで3万円から5万円の初期投資が仕入れ資金以外に必要となってしまいます。

 

 

ブックオフが初心者さん向きではない理由その2

→仕入れも出品も難易度が高い
私は新品未開封品をメインのせどりをしています。

理由は出品が楽だから。

 

中古品のメリットというのは、
1点の利益額や利益率が新品未開封品に比べて高い場合が多いです。

また、仕入れ値も新品よりも少なくすむので

仕入れ資金を圧迫することも新品よりは少ないのです。

 

そういった稼ぐためのメリットはありますが、
一方で、出品の手間は新品よりも圧倒的に多いのも事実。

 

例えば中古本の場合だったら、

帯、カバー、中身の書き込み、線引き、ページ折れ、開きグセを調べますし
中古CDやDVDだったら、ディスク、ケース、ブックレット(歌詞カード)
などの状態を調べます。

初回限定盤など特別仕様のものであれば、
限定版だけに付属しているものがあるか、状態はどうか、
というのもチェックする必要があります。

 

さらには、これらを調べた上で、「可」「良」「非常に良い」「ほぼ新品」など

どのコンディションで出品するかを考える必要があります。

その際は、ライバル出品者のコメントや画像のチェックも必要となります。

 

そして、いざ、どんな状態であるかを出品コメントに記載し、

必要であれば画像掲載のために商品撮影も必要です。

 

これが1つや2つなら、「自分が手間を加える事で利益になる」という実感

が得られ充実感を得られるかもしれません。

しかし現実には、10個20個どころか、
100個200個単位でやっていかなければなりませんし、

稼ぎたい限りはこの作業が永遠に続くのです。

 

私自身、せどり初心者の状態でブックオフせどりを始めました。

当時はブックオフせどりのノウハウが流行りだした頃でビームがなかった時代。

 

ガラケー専用のせどりアプリみたいなものがあり、
それに手打ちでJANコードを打ち込んでリサーチしていました。

 

3ヶ月くらいはブックオフに入り浸っていましたが、
仕入れだけでも大変な上に、出品も大変。
仕入れにも出品にも時間が削られ子どもと過ごす時間が激減しました。

子連れでブックオフせどりをやったこともありましたが、

まだ2才と4才だったこともあり、子どもたちは店内を走ったり騒いだりで

まったくもって仕入れにならず・・・

「やってられない」と思い、ブックオフからは足が遠のきました。

 

その後、ビームせどりが登場しましたが、
とある「せどり塾」がちょっとした問題になってしまい
いい意味でも悪い意味でも注目されビームせどらーは一気に増えました。

 

 

ブックオフが初心者さん向きではない 理由その3

→高度な専門知識があった方がだんぜん有利

ブックオフに一度でも行ったことがあればおわかりかと思いますが、
商品数が半端なく多いです。
一つの棚をぜんぶ検査する「全頭検査」といっても、
ビームがあってもなかなかに大変な肉体作業なのはいうまでもありません。

 

これに加え、中古の場合は、「どういう売り方をすれば高く売れるのか」という

ビームでは反映されない、熟練ならではの知識がモノをいう場合も多々あります。

 

もうこれは「玄人(くろうと)」さんの域であって、

場数を踏んでいたり、たくさんリサーチをしているからこその知識な場合が多いのです。

 

これを初心者さんがやろうと思ったら、同じように場数を踏むか、

玄人さんの仕入れツアーやコンサルを受けるなど
高いお金を払ってでも直接学ばせてもらうか、

そういうプロセスを経ないとなかなかに難しいのが現状です。

 

 

まとめ

以上をまとめますと、

ブックオフせどりは、まず初心者さん向きではないといえます。
ブックオフが初心者さん向きではない理由としては先に記載したとおり。

 

理由その1
→スマホの無料アプリだけじゃ無理。資金とスキルが必要

 

理由その2
→仕入れも出品も難易度が高い

 

理由その3
→高度な専門知識があった方がだんぜん有利

 

誤解しないでいただきたいのですが、ブックオフせどりをやるなとか、

ブックオフは稼げない、というのではありません。

 

稼げるならどんなせどりだっていいと思っていますが、
初心者のうちから「オーソドックスなせどりっぽい」という

なんとなくの理由だけで難易度の高いせどりからやるのは

挫折する確率も高いし、初期投資が大きい分リスクがある、ということです。

 

まずは薄利多売でも、利益率が低くても
難易度の低い新品未開封のせどりで場数を踏んで
トータルで稼ぎたい金額を稼ぐ

それを達成できたそのときに、どうしてもブックオフせどりをしたいなら
その時にチャレンジすることをおススメいたします。
merumagapa

管理人:落合麻子

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
せどりパーフェクトガイド
落合麻子・公式せどりメルマガ"

イチオシのせどりツール

PAGE TOP
error: Content is protected !!